アメリカで仕事と子育そして大学院を目指す主婦の日記

英語の苦手な私のアメリカでもがく日々の記録です。楽しいことばかりではないけどなんとかやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひじき

鉄分不足を補うために、ひじきを食べていると奥さんがカナダ国籍の人に言ったところ、カナダではひじきは輸入禁止だよと言われてしまいました。

ひじきに含まれているヒ素が発がん性が高いかなんかそういう話でした。

けっこうショックでした〜。


いろいろ見てみるとイギリスもダメなんですか?

知らないことが多いです。

鉄分は他から補うことにしました。

アメリカでは日本製のひじきが日本食のお店で買えるんで、大丈夫なんでしょうけどね。



スポンサーサイト
【 2015/10/19 】 アメリカ生活 | TB(0) | CM(0)

最近のこと

仕事を辞めて1週間ちょっと。

最初の3日は動けなくて病気かと思ったけど木曜ぐらいからジムに行ったり家の用事をしたり
するようになり、疲れが出ていたんだなと思いましたが、まだ完全復活ではないです。

英語もしゃべってなかったので久し振りにオンライン英会話をしてみたら久し振りに聞くフィリピン英語はアメリカ英語と違っていて新鮮だった〜。

ビジネス英語をしていて、ミーティングに誰も来なかったらどうするかというどうでもいい質問が来たので先生に、そういう質問ではなくもっと他に質問はないのかと言いました。

直後にアメリカ人から英語で電話がかかってきてちょっとわかりにくかったりして、英語力の激しい低下を実感しました。

どっちにしても、英語を話すのはもう疲れました。

しばらく英語もおやすみします。
【 2015/09/29 】 アメリカ生活 | TB(0) | CM(0)

最近、印象に残ったこと

ちょっと前に地元の警察官の方が殉職されるということがありました。
この地域での警察官の殉職ははじめてとのことでした。

まだ小さいお子さんがいらっしゃるようで気の毒でなりませんでした。
仕事以外でも地域への貢献度はとても高い方だったようです。

たぶんうちと同じ校区の方だと思うのです。


お葬式までの日、この方のために私たちはお葬式の前日は緑の洋服、お葬式の日は青色の洋服を着ました。
地元の大学は3人のお子さんが入学された場合は学費は無料にすると発表したり、寄付金も多く集められたようです。

お葬式の日は葬儀の車列のために高速道路は閉鎖になり、さらに一般道には多くの人が詰め掛けました。
いつもは不動産のコマーシャルの電光掲示板もこの日は警察官の方の写真に変わっていました。
もう本当に街が悲しみに暮れた1日でした。


安全に安心して生活できる生活はこういった警察官かたたちの日々の努力のおかげと身にしみて思いました。

ご冥福をお祈りします。
【 2015/07/07 】 アメリカ生活 | TB(0) | CM(0)

膀胱炎

独立記念日の週はうちの会社は休みということで半年前からこの9連休を楽しみにしていました。
休みの3日目に一番楽しみにしていたスパに行って、買い物をして、でもそのあと体がだるくなって微熱で寝込んでしまいました。

風邪だからすぐに良くなると思ってとりあえず寝ていました。


体調は回復しませんでしたがこの期間は予定をいっぱい入れていたのでフラフラではありましたが風邪と思い次の日からの予定はこなしていきました。

パーティーにも参加したものの、さすがにビールは飲めませんでした。


しかし、全然良くならないのでWalgreensという薬局にあるリトルクリニックにいきました。

診察の結果、膀胱炎とのこと。

腎盂腎炎ではないのかと聞くと膀胱炎と言われました。

ちなみにここはナースプラクティショナーという看護師資格を持った先生が診察しています。

そういえば先生のご主人は日本人と言ってました。


結局、抗生物質を3日分もらって帰りましたが、まだ良くなりません。



9連休もしましたが明日は休んでファミリードクターのところに行くか
早退して病院に行かないといけないかなと思っています。

頻尿とかそういった症状は全くなかったんですけどね。
早くよくなってほしいです~_~;



【 2015/07/06 】 アメリカ生活 | TB(0) | CM(0)

腸内の健康は大切だと思った

じつは去年の末は腸の調子が悪くて、自分では絶対に大腸ガンだと思って密かに心配をしていました。

勇気を出して大腸の検査を申し込みましたが、予約が1月2日しか取れず、今年のお正月は絶食、さらには下剤で辛い思いをしました。

検査当日はフラフラになりながら病院へ行きました。

最近の病院はすごいなと思ったのが、付き添いの人のために、今は患者は何をしているかというのが画面でわかるしくみになっていたこと。

手術中とかリカバリールームにいるとか、聞かなくてもわかるので付き添いの人は安心ですよね。


検査のウェイティングルームで着替えてベッドに寝ていたらまるで工場のラインのように、次々と患者が運ばれて行きました。
その患者の数のすごいこと。

そして、私も点滴をされて検査の部屋に運ばれて行きました…

検査では自分の生年月日と症状を聞かれて、麻酔の先生が、すぐに眠くなるわよと言ったところで記憶が途切れてしまいました。


気がつくとリカバリールームで寝ていました。



先生が来て、綺麗な腸だったわよと言っていたのは覚えているのですが、記憶はあまりありません。



後日、検査の結果の連絡が来て異常なしとのことでした。



びっくりしたのが検査後に肌がきれいになったことです。

これこそデトックスですよね。




検査の後は食べ物に気をつけるようになりましたが、以前よりは肌の調子はいいです。

高いエステに行くよりも、よっぽど効果的かもと思いました。



ちなみに後日、請求が来て目の玉が飛び出しそうになりました。


不妊治療の方がよっぽど保険が適用されていたかもしれません…






【 2015/03/01 】 アメリカ生活 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

みかん

Author:みかん
夫の仕事の関係でアメリカに永住しています。英語ができず当初は引きこもり主婦でしたが、7年目が経過した現在はアメリカ企業でパートタイムをしていましたが、フルタイムの事務職に転職しました。
当面の目標は職場で英語力をつけてアメリカの大学院で勉強もすることです。
目標がないと負けそうな自分に喝を入れつつ、毎日もがきながら、子育でドタバタしながらなんとか暮らす日々の日記です。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。