アメリカで仕事と子育そして大学院を目指す主婦の日記

英語の苦手な私のアメリカでもがく日々の記録です。楽しいことばかりではないけどなんとかやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカで仕事を探す方法

アメリカで仕事を探すにはいくつかの方法があります。

まず、日系企業に就職をしたいというのであればアメリカにある日系の人材派遣などに登録するといいと思います。

たとえば、Top, iii carrier, pasona などなど大手のところから小規模なところまでたくさん日系の人材派遣の会社があります。


自分の住んでいる地域にはそういったものはないと思われる方もいるかもしれませんが、ニューヨークやシカゴなどの大都市の会社が地方都市の求人なども取り扱っているようなので、登録しておくといいと思います。


登録すると日本人の担当者の方が連絡をくださることが多いですが、アメリカ人の担当の方が連絡をくださったり、中にはあきらかに日本人であってもすべて英語といった会社もありました。

日系の人材派遣は日系企業の紹介がメインですがアメリカの企業で日本語を喋れる人を募集している場合などもあるので、まれにそういった仕事の紹介もありました。


あとは、アメリカの有名どころのインターネットの求人サイトの、carrier builder, indeed, monster.com
などもお勧めです。

Resumeを貼り付けておくと日系企業だけでなくアメリカの企業から連絡がきたり、人材派遣からも連絡がきたりします。

中には英語力のテストや簡単な会話のチェックをアメリカ人の担当の方とするということもありました。

Resumeについてですが日本の履歴書とはまた違っているので追い追い説明したいと思います。
アメリカで就職活動をされたことがない方にとって、派遣会社に登録するといってもイメージしにくいかもしれませんが、とりあえずResumeを書くことから始めるといいと思います。

書き方については次回に!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:みかん
夫の仕事の関係でアメリカに永住しています。英語ができず当初は引きこもり主婦でしたが、7年目が経過した現在はアメリカ企業でパートタイムをしていましたが、フルタイムの事務職に転職しました。
当面の目標は職場で英語力をつけてアメリカの大学院で勉強もすることです。
目標がないと負けそうな自分に喝を入れつつ、毎日もがきながら、子育でドタバタしながらなんとか暮らす日々の日記です。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。