アメリカで仕事と子育そして大学院を目指す主婦の日記

英語の苦手な私のアメリカでもがく日々の記録です。楽しいことばかりではないけどなんとかやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レジュメと履歴書の違い

アメリカで就職するにあたってレジュメを最初に作らなければいけません。

日本でいう履歴書ですが、またこれとは違ったものになります。


日本の履歴書には写真を貼ったり生年月日を書いたり趣味とかを書く欄があったかと思いますが、アメリカではそういったものは書く必要はありません。

アメリカでは年齢や性別、人種など個人的なことを応募者に聞くのは禁止されています。
年齢差別や人種差別があってはいけないということです。

それから、書式も自由です。
イメージ的にはこんな感じです。

yjimage.jpg


職歴についてはかなりつっこんで聞かれるところなのですが、ここでは自分の仕事について文字で丁寧に説明をするよりも数字を使って簡潔に説明するほうがよいとのこと。

たとえば、給与支払い担当だった方などは何名の給与を担当し月にいくらの給与の支払いにかかわったとか、またスーパーバイザーなどで仕事をした経験のある方などは何名の部下を持っていたとかそんな感じです。

あと事務職などに応募するのであればパソコンのタイピングの速度やワードエクセルがどれくらいできるかといったコンピュータースキルも必ず書くほうがいいと思います。

バイリンガルで就職を探す場合ですが、日本語力と英語力について書かなければいけません。

私は日本語はネイティブで英語はビジネスレベルで書いていました(自信はありませんが・・・)

ESLなどに通われたことのある方はそういったことも書いておいたり、先生などから推薦状などをもらって添付しておくのもお勧めです。


あと、自分の性格についても書いておきます。

何事に対してもポジティブだとか、仕事を片付ける能力が早いだとか、とにかくポジティブなことを書いておくのが普通だそうです。


いずれにしても、アプライする職種と関連付けるような書き方がベストです。

そうじゃないと、なぜ他職種からアプライしたんですかなんてことになってしまうからです。




ざ~っと簡単に書きましたが、ネットで調べるとたくさんのサンプルレジュメが出てきます。

それを参考にされるといいと思います。

日本に、レジュメを書いてくれる会社とかありますが、やっぱり表現がおかしかったりすることもあるようですので、そういった会社にオーダーされてもネイティブなどに点検してもらうのが一番だと思います。

今度は面接などについて書いてみたいと思います。


ところで、今日は胃潰瘍のチェックアップの日なのですが、じつは金曜からひどくおなかを壊していてそちらもついでに診てもらおうと思っています。


かなり短期間に痩せてしまい、体力的にはつらかったのですが今日は美容院にも行ってきました。
なにしろ、来週から転職するにあたってやることが山ほどあるので。

でも、体力的にきつくさすがに予約していたヘアカラーはキャンセルしました・・・

前回ですが美容院というか、激安の散髪屋さんにいってぶつ切りヘア(?)になってしまい

まあ安いからいいか・・・

とある意味満足はしていましたが、今回はちゃんとしたところに行ったのでヘアスタイルやサービスともに大満足です。


やはり時間を作ってお金もちゃんとそれなりに払わないといいサービスは受けられないなと感じました・・・

激安店はたぶんもう行かないと思います・・・
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みかん

Author:みかん
夫の仕事の関係でアメリカに永住しています。英語ができず当初は引きこもり主婦でしたが、7年目が経過した現在はアメリカ企業でパートタイムをしていましたが、フルタイムの事務職に転職しました。
当面の目標は職場で英語力をつけてアメリカの大学院で勉強もすることです。
目標がないと負けそうな自分に喝を入れつつ、毎日もがきながら、子育でドタバタしながらなんとか暮らす日々の日記です。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。