アメリカで仕事と子育そして大学院を目指す主婦の日記

英語の苦手な私のアメリカでもがく日々の記録です。楽しいことばかりではないけどなんとかやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

双子たち、噛まれる

ディケアではなにか事故やトラブルがあった場合、州に報告しないといけないらしくincident reportというものを先生が記入して親がサインをすることになっています。

数ヶ月前から双子がほぼ毎日のように友達に噛まれたというレポートをもらうようになっていました。

まあ小さいからしょうがないかと思っていましたが、その頻度が多く、最近ではついに頬をかなり強く噛まれて顔がはれ上がるということがありました。

ちょうど、クリスマスカードの写真を撮影する日だったのですが、撮影後の写真を見ると双子の一人は頬が腫れ上がって泣き顔で写っていました。


こんな状態なので今年はクリスマスカードに写真はつけられません・・・。(アメリカでは半年に一回、ピクチャーデーというものがあってプロの写真屋さんが写真を撮りに来てくれます。もちろん有料ですが・・・)


当然、このときばかりは強烈にディケアに苦情を言いましたが、もう二度とこういったことのないように監視するということで終わり、私と夫もその言葉を信じていました。


しかし、その1週間後ぐらいにまた、双子の一人がおでこを噛まれて大きな歯型がおでこについていました。


私は仕事でその日はお迎えにいけなかったのですが夫が迎えに行った時に抗議すると、まあ個人情報になるので今まではディケア側も言わなかったのでしょうけど、いろいろとその子について話をしてもらえたようです。


その、噛む子Biting Childと呼んでいますが、男の子で1歳半で養子にもらわれてきた子のようです。
ちなみに噛まれる子はBitten Childだそう。


察するところ、紛争地域からか虐待を受けた子か,なにか大きな理由があって引き取られたのではないかなと思います。
先生もそんなニュアンスでした。



まだ、親子関係が完全にうまくはいってないようで、ストレスからかクラスの子を噛んでしまうようです。


うちの双子だけではなく、クラス全員を噛むようです。

一度だけ書類をちらっと盗み見したことがあるのですが、クラスの子のおなかを噛んでまわって、止めてもやめようとしなかったとか。

これでは動物と変わりません。

いったいどうしてここまで噛むのでしょうか。




それで、先生と親との話し合いなどもよく持たれているようです。

それと噛んで怪我をさせた日は即刻、帰宅させられているようです。


夫はたぶん、もうすぐ退園させられるだろうと言っていましたが、私としてはもう一度、噛まれたらクラスを変えてもらうか、いろいろと対策を考えたいと思っています。


同僚のアメリカ人たちは裁判しろとか、まあいろいろ言っていますが、そんなことはしたくないと今のところ思っています。


きっと、養子の両親になった親御さんも悩んでいらっしゃるでしょうから。



しかし、うちのディケアは養子がものすごく多いです。

皆さん立派だと思います。

スポンサーサイト
【 2014/11/30 】 育児 | TB(0) | CM(2)
ご無沙汰です
みかんさん、ご無沙汰しています。転職されて頑張ってらっしゃいますね。さすがです。

体調はいかがですか?歳をとるといろいろ不調なところが出てきますよね。私も人間ドックでオールAだったんですが、いまいち疲れやすい感じになって違う病院で診てもらおかなーなんて最近思っています。
うちの娘も、2歳になる前ぐらいに保育園で目のすぐ下のところをひっかかれて、腕も噛まれ、さすがに夫婦でどうしようかなぁと悩みました。先生のほうもすごく謝ってくれて、二度とこういうことがないようにしますと言う事ですが、夫はひどく立腹しており、もう一度そのようなことがあれば、その親に子供を保育園に来ないように先生にお願いしろ!とか言ってました。結局もうひっかかれたり噛まれたりすることはないんですけどね。
その親御さん大変ですね。知り合いで、ふたりめを最近養子縁組された方がいますが(1人目も養子)、日本の養子縁組だと、そうゆうトラブルは聞かないのかもと思いました。生まれた時点ですぐに養子縁組してしまうことが多いのでかな?と…戦争エリアで乳児期を過ごした子供達、かわいそうですね。親御さんの苦労も想像しきれないです。早くその子本来の良さを出して、トラウマを抹消して欲しいなと思います。そして平和な国に生まれたことに心から感謝したいなと思います。
【 2014/12/22 】 編集
Re: ご無沙汰です
Kyouさん

お返事遅くなって申し訳ありません。年末から体調を崩していてなかなかブログまで手が回りませんでした。
Kyouさんの娘さんも保育園でトラブルがあったんですね。こういう場合って本当に心配になりますよね。

うちの場合はあれから噛まれることはなくなりました。もしかしたらその子は退園させられたかもしれません。そして双子も2歳になったので、進級して他のクラスの方に移りました。

養子はアメリカはすごく多いのですが、こういった迷惑行為をする子はこの子しか見たことがありません。
いろいろ事情があるんでしょうね・・・
自分の子供でも育てるのは大変なことなのに、ましてや養子となるとどうなんだろうと思いますがみなさんとても愛情を注いでいらっしゃるので素晴らしいなと思います。そして教育にもかなりお金をかけています。

話は横にそれましたが、子供が大きくなるにつれて悩みも変わってくるものですね。
いろいろ大変ですがお互い頑張りましょうね〜。
【 2015/01/10 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:みかん
夫の仕事の関係でアメリカに永住しています。英語ができず当初は引きこもり主婦でしたが、7年目が経過した現在はアメリカ企業でパートタイムをしていましたが、フルタイムの事務職に転職しました。
当面の目標は職場で英語力をつけてアメリカの大学院で勉強もすることです。
目標がないと負けそうな自分に喝を入れつつ、毎日もがきながら、子育でドタバタしながらなんとか暮らす日々の日記です。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。