アメリカで仕事と子育そして大学院を目指す主婦の日記

英語の苦手な私のアメリカでもがく日々の記録です。楽しいことばかりではないけどなんとかやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

No giftは本当にプレゼントを持って行かなくていいのか?

今週末に息子のプリスクールのクラスメイトの誕生会があります。

このところ招待された誕生会の招待状には

No gift

と書いてあるのですが、これって本当にプレゼントを持って行かなくていいのでしょうかねえ・・・

前回は持って行ったのですが、持って行っていない人もいました。


アメリカのプレゼントのしきたりの話になるのですが、これがまた日本とはぜんぜん違います。


プレゼントの中に

ギフトレシート

というものを入れておくのです。


このギフトレシートはもらったプレゼントを返品するためのもので、お店でキャッシャーの人にギフトレシートをくださいと言うと普通に出してくれます。


これはクリスマスプレゼントでもなんでも、プレゼントというとこうやってレシートを入れていて、そのためクリスマスなどのあとは返品する人でお店はごったがえしています。





それから、もらったプレゼントはあとで開けるのではなく誕生会のときに途中でみんなで集まってプレゼントを一つ一つ開けるのです。


その時の様子を写真におさめておいて、あとでThank youカードとともに写真が送られてきたりします。


あと誕生会のインビテーションに

RSVP

と普通は書いてあるのですが、これはフランス語で

repondez, s'il vous plait

ということのようで意味としては

Please reply

のことなんだそうです。


一応、出席してもしなくても返事はしたほうがいいみたいです。


子供の誕生会といえど、いろいろとマナーがあるようです。
【 2014/08/22 】 育児 | TB(0) | CM(0)

アメリカの子供の誕生会

子供達が誕生会によく呼ばれるようになりました。

アメリカの子供の誕生会は、それはそれは豪華です。


いろいろルール?もあるのですが、それはまたの機会に・・・



今回の誕生日パーティーは、まず行くと参加者全員が

フェイスペインティング

さらに

人工の雪降らせて


極めつけは


frozen(アナと雪の女王)のアナとエルサ


がやってきて1時間ほど歌ったり話をしたり撮影会があったりして子供だけでなく大人も大変楽しむことができました。





次は息子の友達の誕生会があるのですが、子供用のジムでジムナスティックパーティーなんだとか。



なんだか私のほうが楽しみです^_^
【 2014/08/11 】 育児 | TB(0) | CM(0)

バイリンガル教育、その後・・・

息子が三歳になりました。

あっという間の3年間でした。

いろいろ心配なことはありました。まずは言葉の面・・・


日本語と英語がどっちつかずにならないかとか、英語がちゃんとしゃべれるようになるのかとか心配していましたが、子供はちゃんと日本語と英語を区別しているように思います。


家では日本語

ディケアでは英語

をしゃべっています。



さらにラッキーなことにスペイン語をしゃべる友達がいて、挨拶とか簡単な単語はスペイン語もしゃべっているようです(先生の話だと)


そういえばこの前、別れ際に

マミー、アディオス~

と言っていて笑えました。


もうひとつ、ラッキーなことにディケアでフランス語も教えてもらっているようです。

でも、こっちはすぐに忘れるでしょう・・・。


とにかく過剰な期待はしていませんが、アメリカで生活しているので英語に困らなければOKです・・・。



ほかの言語に関しては遊びや生活の中で簡単な単語などを覚えてくたらラッキーかなと思っています。

【 2014/08/06 】 育児 | TB(0) | CM(0)

Heartbreaker

少し前に息子のディケアの幼稚園の部の卒業式とSpring Flingなるものがありました。

Spring Flingはお祭りみたいなものでこの時期、大学などでもよく行われているらしいということでしたが、どんなものかわからずに息子を連れて出かけました。

すると息子のディケアはクラス発表会形式でSpring Flingを行っているとのことで私はまったく知らなかったのですが息子も出場することになっているとその場で知ることになりました。

息子のクラスはダンスを発表したのですが、他の生徒が大人しくしている中、息子ともう一人の男の子と一人の女の子だけ舞台ではしゃいでいて、先生に舞台の中央に連れ戻され、さらにはマイクに口をつけて

わ~っ

とか言っていて、息子がこんなのだと知らなかった私は驚いてしまいました。


後日、フェイスブックにその姿がディケアによってPostされており、どなたかが息子の名前を名指しにして

Heartbreaker(胸が張り裂ける思いをさせる人)

と書かれていました・・・

それからは私は息子のことを

My Heartbreaker

と呼んでいます・・・

あ~親ばかをお許しくださいませ~


その息子ももうすぐ3歳です。

秋からはプリスクーラーになります。


公立に入れようかどうしようか悩みましたが制服がかわいい私立のプリスクール(といっても今のディケアと同じ施設)にしました。


というのは半分冗談で一応、教育方針とかカリキュラムとか先生の質とかで総合して決めました。

もうプリスクールなんて本当に子どもの成長は早いです・・・




【 2014/06/04 】 育児 | TB(0) | CM(0)

ネイティブが教える子供の英会話教室

先日、たまたま息子がyoutubeを観ている時に日本のネイティブが教える英会話教室が流れていました。

5歳ぐらいの子供が7人ぐらいいたと思います。


最初はちょっとびっくりしたのですが、ネイティブが教えているというのに子供たちはすっかり

日本語英語

でした。


中にハーフの子供がいて、その子は発音はネイティブでした。


いろいろ考えてみたのですが、もしかすると家で親御さんが一生懸命、英語を教えていて、親御さんが日本語訛りの強い英語で子供さんがそうなってしまったのか、普段の生活が日本語だとどうしても、日本語訛りになってしまうのか・・・。


日本語訛りは悪いとは思いませんが、ネイティブの教わっても無駄なんだろうかと少し疑問に思ってしまいました。


高いお金を払ってネイティブの英会話教室に通わせても、そんなのならあまり意味がないのかなと思ったり。


ちなみに、うちの息子は日本語がとても下手です。
おかあさん、なんて

おっかさん

という感じです。

私は発音に自信がないので息子には英語で極力、話しかけないようにしています。


なにしろ、私が英語をしゃべると、息子の英語がたちまち訛ってくるのです。




話は元に戻りますが、やはり普段しゃべっている言語がかなり影響するということなんでしょうかね。



バイリンガル教育って本当に難しいです。

【 2014/05/06 】 育児 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

みかん

Author:みかん
夫の仕事の関係でアメリカに永住しています。英語ができず当初は引きこもり主婦でしたが、7年目が経過した現在はアメリカ企業でパートタイムをしていましたが、フルタイムの事務職に転職しました。
当面の目標は職場で英語力をつけてアメリカの大学院で勉強もすることです。
目標がないと負けそうな自分に喝を入れつつ、毎日もがきながら、子育でドタバタしながらなんとか暮らす日々の日記です。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。